神奈川県内にある自然の美しい人気樹木葬スポットをご紹介!

宗教不問な樹木葬

宗教不問な樹木葬

 

この数年で注目されてきた埋葬方法に樹木葬という方法があります。
この方法は墓石を使わず樹木を墓標として、自然の緑やガーデニングを施した霊園で埋葬される方法です。
特に東京都心や神奈川県の霊園などはガーデニングタイプの霊園に人気が集まっています。
しかしどうしてこの樹木葬に注目が集まってきたのでしょうか?ここではその背景について考えてみます。

 

樹木葬というタイプのお墓を考える人が増えた理由

樹木葬という埋葬方法が注目されたきっかけはあるお寺が始めたことです。
地方のお寺ですが、山林を保全するという目的もあり、現代人のニーズに合致した方法だと話題になりました。
またお墓は先祖代々という考え方や継承者が必要であるという考え方が現代人の生活にマッチしなくなったということもあります。
少子高齢化で墓を継承するだけでなく、この先埋葬もしてもらえないということも起きるかもしれません。
そして地方に墓があり、それを改葬(移転させる)する場合でも軽く数百万単位のお金がかかります。
仮にそのお金を生前に用意してお墓を作ったとしても、誰も管理してくれない、子孫が管理できないというケースも考えられます。
そこで樹木葬という新しい永代供養の方法が出てきました。
永代供養とは子孫や親族といった縁故者がいなくても、寺院や霊園が責任を持って供養してくれる墓です。
その墓を樹木というスタイルにしたものが樹木葬です。
これなら生前に購入したとしてもどんなに高くても100万円程度しかかからず、しかも永代供養がついています。
子孫に迷惑も掛からず、お子さんがいない方でも安心して眠ることができます。
そうした時代のニーズから生まれたのが樹木葬です。

宗教に関係なく利用できるというメリット

もう一つ知られていない理由が宗教不問であるということです。
特定の宗派の寺院であれば、その宗派でなければそこにお墓を建てられませんでした。
もちろん公営の墓地はそのような特定宗派は関係ありませんが、寺院や教会、神道などは特定の宗教があります。
それによってお墓を取得できないという現状がありました。
しかし樹木葬なら特定の宗派を区別することなく、購入できます。
例えば浄土宗の両親に嫁に行った娘がキリスト教の場合、そのお墓の面倒は娘が見ることになります。
しかし女性だと継げない(中にはそんな寺院もあります)と言われたりするケースもあり、なかなか後継者に関しては難しい場合がありました。
少し話がそれますが、女性だと継承者として認められていない時代がありました。
というのも女性は嫁ぐという判断のもと、継承者として認識されていなかったということです(最近ではそんなことは少なくなりましたが)。
そこで永代供養がついた樹木葬というものが注目されるようになりました。
自由度が高い埋葬方法なので、時代のニーズにも合っているということですね。
話を戻しますと、多くの霊園は宗教不問で樹木葬を行えます。
これは親子間で宗教が違う、嫁いだ娘や管理してくれる親族の宗教が違っても利用できます。
これは今まで宗教が違うことでお墓を悩んでいた方に朗報です。
樹木葬は新しいお墓のスタイルとして、まさに現代人が悩んでいたことをすべて解決した形になります。
樹木葬は現代の埋葬方法です。
古い価値観や概念にとらわれている親世代からするとまだまだ受け入れ難いかたもいらっしゃいます。
そのためいきなり樹木葬に改葬すると宣言せずに、まずは親族間でよく話合いをしてください。
親戚の中にもまだ受け入れられないという方も大勢いらっしゃいます。
事前に伝えないことで埋葬時にトラブルに発展するケースもあります。
事前によく話をしておくことが重要です。