神奈川県内にある自然の美しい人気樹木葬スポットをご紹介!

無縁墓を作らないために

無縁墓をつくらないために

都内や神奈川県などの近県で最近注目されている埋葬方法に樹木葬という方法があります。
なぜこのような埋葬方法が広まり始めたのでしょうか。
その問いを考える上で知らなければならないのが無縁墓という問題です。
ここでは無縁墓の現状について知っていただき、なるべく無縁墓を作らないためにどうすべきかを考えて頂くためにどのようなお墓を選択すべきかをご紹介します。

永代供養と無縁墓の違い

最近問題になっているのが地方の無縁墓です。
実は都内でお墓不足と言われているのに、なぜか無縁墓が増えています。
真逆の問題のように感じますが、根っこの問題な実は一緒です。
そもそも無縁墓は継承する方がおらず、お墓参りをする方もないというお墓です。
多くの霊園や墓地が現状このような問題を抱えていると言われています。
そのためにそのような悲しいお墓を増やさないために考えられたのが「永代供養墓」という考え方です。
無縁墓は管理する方も縁故者もいないのでいずれ撤去しなければなりません。
実は地方にはこのような墓が非常に増えています。
一方でそのようなことを避けるために考えられたのが永代供養墓です。
これなら将来お墓を管理する継承者がいなくても、生前などに(もちろん遺族なども含めて)埋葬した遺骨の行先(最終的には合祀)やお墓の撤去なども事前に依頼することができます。
多くの永代供養墓は、一定期間墓地に埋葬された後、何十年後に取り出して合祀(合同で弔う)されて、その墓は撤去されます。
最終的には無縁墓の遺骨を合葬墓に入れるのと同様ですが、合葬墓に入ってからもご供養を続けてもらえるようになっています。
永代供養墓を選んでおけば、お墓の管理をする親族がいなくても安全維持や管理を続けてもらえます。
しかし無縁墓は墓地の衛生環境などを維持するために管理者不在の墓石や墓地は撤去しなければなりません。
これは最近都心に多くなってきた居住者がいなくなった建物の問題と似ています。
不在なので不審火が起きる、管理されないから荒れ放題になるといった感じです。
それにもっと悲しいのは埋葬される故人も供養されないということです。

無縁墓を増やさないために色々な埋葬方法を考えてみる

永代供養墓は親族などの縁故のある人が管理しないという点においては無縁墓と同様に見えます。
ところが最近、お子さんがいない方も増えて少子高齢化に突き進んでいます。
昔は大勢の親族やお墓の面倒を見てくれる縁故者がいました。
ところが最近は亡くなる方の数より生まれてくる人の数が少ないという現実があります。
そうなると仮に縁故者がいたとしてもお墓が多ければ管理できないということもあります。
そこで考えられたのが永代供養墓であり、それをもっとわかりやすく利用しやすい形にしたのが樹木葬です。
樹木葬は自然葬の一つですが、永代供養墓です。
樹木を墓標として、その樹木の下に複数またはお1人で埋葬します。
もちろん墓標がほしい方の場合は墓標のような形のものを用意されている霊園も沢山あります。
このような樹木葬を生前選択して、永代供養にしておけば子孫や親族に迷惑をかける必要があります。
亡くなってからお葬式、埋葬と実は人は亡くなってからもかなりお金がかかるという現実を覚えておきましょう。
生きている方の手間や都合を考えると、永代供養という考え方は非常に良い方法です。
無縁墓を作らないためにも、東京や神奈川ではこのような樹木葬が可能な霊園が多くなりました。
一度見学をかねて現地をご覧になるのもよいでしょう。
人によってはその日に気に入って契約される方もいらっしゃいます。
多くの方が「墓地の考え方が変わった」「素敵なお庭だった」と好評です。