神奈川県内にある自然の美しい人気樹木葬スポットをご紹介!

樹木葬の埋葬方法と手続き

樹木葬の埋葬方法と手続き

 

樹木葬という埋葬方法があります。
最近、お墓を継ぐ方が減ってきたことなども追い風となり、樹木葬という方法に注目が集まっています。
ここでは樹木葬の埋葬方法や手続きについて解説します。

 

 

樹木葬には大きく分けると2種類あります

樹木葬は通常の墓地のお墓のようにお1人ずつ埋葬する方法と複数の遺骨を同じ区画に埋葬する方法があります。
先祖代々のお墓に埋葬するのと同じく、1本の木にお1人埋葬するタイプや夫婦2人、親族、中にはペットと一緒に埋葬することが可能なものがあります。
樹木葬のできる場所は霊園・墓地・寺院などです。
寺院などが所有する山林などで樹木葬を執り行う形は多くが山里型の樹木葬です。
植樹された樹木の下にご遺骨を埋葬します。
墓標の代わりとなる樹木はお1人用であることが多く、時期が経つにつれて自然に樹木がなじんできて最終的には「土に還る」ようになります。
山里を保全するという環境的な側面で評価されますが、墓標が徐々にわかりにくくなるのでそれが嫌だという方には向きません。
一方で区画された霊園などで整備された公園型の樹木葬もあります。
これにも個人用の区画がありますが、樹木を植えるという観点で言うと例えば神奈川県や埼玉などの近郊の霊園が最近では展開しています。
そして個人だけの専用樹木が植えられる山里型よりも複数の遺骨を埋葬できるメリットが公園型にはあります。
冒頭でお伝えしたように複数のご親族を埋葬する場合に向いた方法です。

樹木葬における埋葬方法について

山里タイプの樹木葬では、周囲の自然の生態を維持する目的もあり、使用できる樹木に制限がありますが、ご自分で見学したりした時にそこは事前に確認しておくとよいでしょう。
最近では生前予約をする方も増えています。
墓地や霊園によってはこの生前予約によってご自分の選んだ苗木を生前に植樹しておく方もいらっしゃいます。
そして亡くなった後その樹木の下に埋葬します。
生前予約はご自分で納得がいくまで確認して契約するのは、通常の墓地購入と同じことです。
これはご遺族などの手間や経済的負担を減らすという意味で生前に予約される方が多いということです。
生前に全部支払ってしまい、中には管理費も死後かからないという霊園もあります。
埋葬方法は亡くなった後ご遺族が死亡届を市役所などに提出して、埋葬許可証(火葬許可証とセットの場合が多い)を発行してもらいます。
そしてご遺体を荼毘に付した後に樹木葬が行われる霊園などに埋葬連絡を入れます。
これは納骨と同じで、該当する霊園で樹木の下に埋葬します。
埋葬の場合は粉骨して埋葬することも可能です。

お墓はあるけど樹木葬を選びたい場合

すでに先祖代々のお墓がある、すでにお墓に埋葬している方を樹木葬に変更したい場合は樹木葬に埋葬スタイルを変更することもできます。
いわゆる改葬という方法です。
お墓を変える場合も改葬になりますが(例えば遠方に合ったお墓を移転するなど)それと同義になります。
またご遺骨は取り出す際に改葬許可証が必要になります。
このご遺骨が誰なのかを示すためのものです。
そしてこれから樹木葬に変更したい霊園などの管轄する役所などに改葬許可申請書を提出して改葬許可証を取得します。
この時現在の墓地の管理者(宗教法人やご住職、お寺等)から埋葬の照明書類や改葬する墓地名称を記入してもらう必要があるので、改葬をするときは現在の管理者とよく交渉をしておく必要があります。
墓石の処分やお墓からご遺骨を出す場合は閉眼法要(魂を抜き取るという法要)と遺骨取り出し費用などを合算すると20万円前後かかります。
改葬する場合も若干は費用がかかるということを忘れないようにしましょう。