神奈川県内にある自然の美しい人気樹木葬スポットをご紹介!

樹木葬は本当に安く埋葬できる葬儀方法なのでしょうか?

樹木葬は本当に安く埋葬できる方法なのか?

樹木葬が注目され始めた大きな理由の一つに、費用の安さということが挙げられます。
実際、都内や神奈川や埼玉県の霊園や墓地には、新設・既設も含めて樹木葬を執り行うところが増えています。
これは時代のニーズに合った方法であり、墓地の不足にも一役買っています。
そして冒頭でもお伝えした通り、かなりリーズナブルな価格で埋葬できることに注目が集まっています。
そこでここではなぜ安く埋葬できるのか?通常の墓地とどのように違うのかを解説します。

樹木葬の費用が安い理由

樹木葬は墓石の代わりに樹木や草木を用います(その霊園や墓地が指定している樹木を用いる)。
これにより一般的な墓地に建てるお墓よりはるかに安く済ませることが可能だと言われています。
樹木葬では墓石に代わって樹木を植樹する、自生したお寺の敷地の山里の樹木を墓標とするといった方法をとります。
一般の墓地やお寺のお墓は、土地代や墓石代、工事費用、墓石のデザインなど様々な費用がかかります。
場所によっても値段が変わりますが、実質150~300万円(都内ではそれ以上とも言われている)かかります。
また最近は樹木葬といっても樹木に囲まれた敷地内に小さい個別の墓標を建てて埋葬するという方法もあり、バリエーションが増えています。
このように一般的なお墓と比べても、樹木葬は圧倒的に費用が安くなります。
地域差がありますが、20~80万円程度で行えるようです。

樹木葬には予め戒名や永代供養が入っている

通常の墓石や墓地には戒名や永代供養が含まれていません。
これらは別途となっており、お墓を作る時に戒名をつけてもらう際のお布施が必要です。
これには差がありますがお寺によっても10万円から100万円とその戒名の位によっても値段が違います。
最近通常のお墓を建てるケースが減っているのは、お墓を新たに作ると150万円以上かかるだけでなく、それに戒名代(ここでは戒名をつけてもらう時のお布施代と考える)が加われば安くても40万円程度、それに永代供養代も入れるとどう考えても200万以上はかかるからです。
しかし樹木葬なら戒名代や永代供養代も含まれているケースが多く、合同供養祭(年1回など)も生前にすべて支払うことが可能な仕組みがある霊園もあります。
一般の墓地や霊園では不明瞭な会計(つまりお寺によってもお布施の明細がないから)になる一方で、樹木葬なら最初からかかる費用がはっきりしており、一般のお墓を持つよりはるかに安く済みます。
現代のライフスタイルの中に、従来の宗教におけるお布施や永代供養の考え方がマッチせず、逆に樹木葬なら最初から明細がはっきりしていることも、人気が集中している理由なのかもしれません。
戒名や永代供養が予め含まれているので(※1)何にいくらかかるか理解できますし、生前にご自分で予約されて支払いを済ませておく方も増えています。

(※1)必ず含まれるとは限りませんが、戒名や永代供養込みの樹木葬が増えています。

さらに安くできる合祀という葬儀方法

安さのお話ばかりですが、生きている方の生活も大切です。
それにお墓を継ぐ方がいなければせっかく立派なお墓を作っても意味がありません。
実はさらに安く樹木葬を行う方法があります。
それが合祀(合葬:がっそう)という方法です。
この方法は納骨するときに他のご遺骨と一緒に埋葬する方法です。
樹木葬をする時に墓標となる大きな樹木の周りや墳墓に一緒に埋葬していきます。
この方法が多く行われており、樹木葬というと合祀(合葬)というイメージが先行して安いと認識されるようになりました。
もちろん樹木葬でも個人墓を選択することも可能です。
お1人ずつ埋葬する方法で、それに加えてご家族で一つのお墓(家族墓)として複数を同じ区画に埋蔵することもできます。
その場合は合祀とは違い少し高い設定になります(合祀は5万円程度から、個人墓は40万円からが一般的)。