神奈川県内にある自然の美しい人気樹木葬スポットをご紹介!

樹木葬を生前予約するメリットとは

生前に樹木葬を予約しておくメリット終活という言葉がこの数年で広まりました。
巷では終活セミナーなるものが隆盛です。
ここでは現実的な話、例えば遺産相続や断捨離、エンディングノートの書き方などを指導してくれます。
その中でも最近注目されているのがお墓の問題です。
実は亡くなった後、お墓が無い場合非常にお金がかかるという問題が発生します。
少し前なら、お墓を持たなかった方(親の代)は生前に購入される方もいらっしゃいました。
ところが終活が始まった時に多くよせられた相談の一つが「お墓の継承者問題」だというのです。
少子高齢化でお子さんがいらっしゃらない方もいます。
そうなるとせっかく購入したお墓も意味がありません。
ここではそのような問題も解決できる「樹木葬」について考えてみましょう。

お墓を生前に用意しておくメリット

すでにご先祖から継承しているお墓がある方は別ですが、ご自分が亡くなった後にお墓をどうするかは深刻な問題です。
特に終活ではお墓を生前に用意しておくことを勧められるようです。
お墓を生前に用意しておくメリットは何でしょうか。
お墓を購入するときにどんなところに注意しますか?
この2点に関して答えるなら、生前に用意するメリットは墓地不足の前に確保できること、相続税がない、自分で確認できる、子供や子孫に負担をかけないといったことでしょう。
そして購入に際しては家族とよく話し合っておきます。
自分だけが良いと思っていても、残された子供や親族が面倒を見るなら、その方の意見も聞いておきます。
これらが答えでしょう。
大きなメリットは現実的な面でも考えられます。
実は亡くなった後、葬儀・埋葬・供養と現実的にはお金がかなりかかります。
不愉快な話になるかもしれませんが、結婚式と同様、亡くなってからも人にはお金がかかります。
決してお墓だけでは済まないということです。
そのために後でご遺族やご家族に手間がかからないように考えるなら、生前にお墓を用意しておくのはメリットがあります。
これならいざという時、ご遺族が慌てることがありません。
慌ててしまい思わぬトラブルに発展するという話もよく聞きます。
そのためにも生前予約は良い方法です。

生前購入する場合の注意点とは

生前購入するのは良い方法ですが、いくつか注意点があります。
つまりこれから入るお墓ですが亡くなっていなくても管理料はかかります。
そして改葬する場合は別途費用がかかります。
そして期限付きのお墓の場合もあります。
永代使用料のほかに年間管理料がかかることもあります。
墓地を先に買ったとしても、場所によっては決められた期間内に墓石を建てる必要がある場合もあります。
公営などは民営と異なり費用が安いのが魅力ですが、募集にも条件があることもあります。
すでに遺骨になっている場合だけ応募できるといった具合です。
そして公営では、相当低い当選率です。
応募者数が多いのでなかなか当選せず、中には10年以上待っているという方もいらっしゃいます。
そうならないためにも生前から色々なタイプの埋葬方法を検討しておくとよいでしょう。

樹木葬は子孫にも自分にも良い方法

色々なタイプの埋葬方法がありますが、樹木葬は散骨とは異なります。
散骨は山や海などに粉骨したご遺骨を撒く方法です。
しかし樹木葬は墓標の代わりとなる樹木を生前に購入しておき、死後その樹木の下に埋葬してもらう方法です。
埋葬方法も夫婦2人、家族3人以上、1名だけ、合祀といろいろな方法があります。
もちろん樹木の周りや樹木に囲まれた場所に墓石のように小さい墓碑を建てて、そこに埋葬される方法もあります。
樹木葬なら、どんな環境に埋葬されるかを自分で確認でき、費用も墓石の霊園とは比較にならないほどかかりません(相場でも一番高額で80万円前後です)。
また霊園や墓地によっては管理料がかからないところが多いようです。
東京や神奈川ではこのような樹木葬が可能な霊園が増えてきました。
終活をお考えなら、一度見学に行かれるのもよいのではないでしょうか。
実際に見学された多くの方が、その自然環境の美しさやガーデニングに魅了されています。
残された子孫のためにも、一度考えてみても損ではないでしょう。