神奈川県内にある自然の美しい人気樹木葬スポットをご紹介!

樹木葬の価格について

樹木葬の価格について

 

樹木葬という自然葬が注目されるようになりました。
都心の墓地が少ない場所よりは関東圏の神奈川や埼玉といった場所でも樹木葬が行える霊園や墓地が増えてきました。
しかし樹木葬は一体いくらで執り行うことができるのでしょうか。
ここでは樹木葬の価格について、一般の墓地や霊園との価格を比較しながらご紹介します。

 

 

そもそも一般の霊園や墓地の価格とは?

昨今墓地を新しく持たずに納骨堂だけで済ませる、葬儀も自然葬や家族葬といった形式が増えてきました。
どうしてこのような形が多くなってきたのでしょうか?一般的に言われていることは核家族化や宗教離れとも言われています。
しかし実質的には少し違う部分もあるようです。
それはお墓を持たない(ご先祖代々のお墓を持つ方は別として)方が新規にお墓を持つ場合、かなり高額になるからです。
昔は先祖代々、お墓を継承する方がいる場合はその投資にも意味がありました。
ところが近年はお墓が年に1回、数年に1度しか行かないような山奥にある、遠い実家の近くにある場合、継承しない方も増えています。
そして葬儀も家族葬などの価格帯の安いものが増えています。
このようなケースが増えた背景はお墓を持つ場合のベースになる金額が平均として160万円以上はかかるという試算からです。
これには墓石の価格、永代使用料、管理費などが含まれています。
それに加えて管理費が1年(もしくは数年単位)でかかります。
つまり価格が高いこと、お墓を持って弔うことに対する対価に納得がいかないといった方が従来のお墓の価格に納得いかなかくなったということなのでしょう。
もちろんそれでもきちんと弔いたいと考えているからこそ、樹木葬が注目されるようになりました。

樹木葬の価格とは?

樹木葬は霊園や墓地によっても価格が変わります。
相場としては20万~80万円前後といわれていますが、東京近郊の神奈川などでも価格に差があるようです。
ベースが安くてもオプションが色々つくと徐々に値段は変わっていきます。
ただし一般的お墓と比べると格段に安いといえるでしょう。
樹木葬なら墓石の費用もかかりませんし、年間管理料がないという霊園もでてきました。
このような霊園や墓地が増えてきた背景は、不明瞭な葬儀全体にかかるお金(葬儀代だけでなく、僧侶に対するお礼や戒名代など)と比較して明朗でわかりやすい料金体系に加えて、残された遺族に迷惑をかけないというところでしょう。
そのため徐々に利用者が増えています。

どちらを選ぶかはその方の考え方次第

一般的に墓地にお墓を作る場合、地域によっても永代使用料(お墓の土地代のこと。土地を使う権利を永代に渡って持っておくお金)が違います。
1平米あたりの永代使用料は東京23区なら100万以上(場合によっては300万まで)、東京都下なら30万~150万円程度、神奈川なら70万~150万もします。
それに加えて1平米に対する年間管理料というお金がかかります。
これはさほどかかりませんが、せいぜい数千円から数万円程度です。
もちろん、先祖代々のお墓を継承しなければならない方は選択の余地がないでしょうが、これからお墓を持つ必要があるなら、このお金がいかに高いかがわかります。
お墓を作るにも160万以上かかり、維持費・葬儀費用、四十九日などの供養、戒名代、僧侶へのお礼など下手すると500万円では足りないこともあります。
これが現実的な金額です。
もちろんお墓や葬儀方法は価格だけでは選択できないという方もいます。
それは弔いの心です。
しかし残されたご遺族や子供達の代で余計な出費をさせたくない、明朗な価格だが気持ちがこもった葬儀を行いたいなら樹木葬という選択もよいでしょう。

どちらを選ぶかはその方の考え方次第です。
どちらも弔うことについては同様の気持ちがこもっています。
もし生前にご自分の葬儀で悩んでいらっしゃるなら、一度樹木葬のできる霊園に視察に行ってみてはいかがでしょうか。
考え方が変わるかもしれません。