神奈川県内にある自然の美しい人気樹木葬スポットをご紹介!

樹木葬を検討するときのポイント

樹木葬を検討する時のポイント

最近は埋葬方法も色々な方法が出てきました。
家族制度がまだ残っていた時代は先祖代々のお墓に埋葬するのが当たり前でした。
ところが近年はお墓自体を継承する方も減り、お墓の存続自体が難しくなりました。
そこで登場したのが樹木葬という方法です。
ここでは生前から樹木葬を検討されている方、もしくはご遺骨を良い方法で埋葬したいと考えている方に「樹木葬」を検討するときのポイントについてご紹介します。

 

 

自然回帰・環境保全という考え方がある樹木葬

樹木葬はお墓をそもそも継ぐ人がいないという現代的な悩みから注目されるようになりました。
超高齢化時代に突入し、亡くなる方は多いのに若い方の人口はいまいち伸び悩んでいます。
そうなると家族単位で管理していたお墓も継承者がいないケースが続出しています。
特に地方のお墓はかなり深刻で、毎年かなりの数の継承者不在のお墓を処理していると言います。
そのくらい物理的な問題が発生しています。
一方で「土に還る」という自然回帰の考え方から自然葬の一つである樹木葬を選ぶ方もいます。
もちろん継承者問題だけでなく、残された遺族の金銭的負担も減らせる、1代限りで済む(色々なケースがあります)といったエコ的観点から樹木葬を選択するかたもいらっしゃいます。
そして自然回帰に加えて環境保全にも一役買います。
それは山里などに植樹すれば、将来的には周囲の自然と溶け込んで景観や生態系を維持できます。
そんな部分にも注目されているのが樹木葬です。

遺骨一体につき1本ずつ植樹されるとは限らない

樹木葬だから、ご自分の死後1本ずつ植樹されるとお考えなら違う場合もあります。
特に都市部では墓地面積が少ないこともあり、個別埋葬はお1人1本とは限らないこともあります。
1本の樹木に周囲に複数のご遺骨を埋葬するタイプもあります。
このタイプが嫌だとお考えなら神奈川などの都心部から若干離れた地域(神奈川でも都心部でなく)にある広大な土地を所有する霊園や寺院で埋葬する方法があります。
これなら山里タイプのお1人1本の植樹が可能です。
どちらを選択するかはその方の考え方によります。
もし都市型タイプの霊園に埋葬するなら複数人の遺骨を1つの区画に埋葬する方法を選択するとリーズナブルです。
しかし土地にご遺骨が混ざるのでいったん埋葬すると後で遺骨を取り出したいという希望がご遺族にあればできなくなることもありますので注意が必要です。

こんなメリットがあるから樹木葬を選ぶ

お墓の継承者がいない方は樹木葬を選ぶとよいでしょう。
このような樹木葬でも一般の永代供養同様、霊園や墓地が管理を行ってくれます。
またお墓の管理をする管理料も生前に支払うということで遺族の負担が減らせる場合もあります。
墓地(使用料)や墓石を購入する必要がないので、一般的な埋葬方法と比べるとかなり安く埋葬することができます。
最近では葬儀も家族葬などの費用を抑えたタイプが増えているので、この傾向は埋葬方法にも影響していると言えるでしょう。
ここで費用が抑えられればお仏壇を生前に購入したりすることも可能です。
エンディングノートを作って終活する場合でも、生前に樹木を植えてある程度大きくしておくこともできる霊園があります。
一度実際に見学したり、色々な霊園を見てみることをおすすめします。
ただしいくつか注意点があります。
複数タイプを埋葬する樹木葬だと、後で遺族が改葬(お墓を変える、移転する)場合に取り出すことができません。
また事前に親族に樹木葬を執り行うことを説明しておきましょう。
説明しないで埋葬すると樹木葬を理解していない親族との間でトラブルを招く場合もあります。
メリットが多い樹木葬ですが、終活同様、ご自分の葬儀や埋葬方法は事前に知っておくと何かと安心です。
ぜひご家族とも事前に相談しておくとスムーズでしょう。