神奈川県内にある自然の美しい人気樹木葬スポットをご紹介!

樹木葬の登場でお墓不足は解消した?

樹木葬によってお墓不足は解消されたのか

樹木葬という埋葬方法は、東京都内や神奈川県といった近県のお墓不足の解消に役立っているのでしょうか。
樹木葬というとお墓不足の解消につながるという認識がありますが、実際に役立っているのでしょうか?
ここでは樹木葬が注目され始めた理由とお墓不足の解消について考えてみます。
現状のお墓不足の状態と樹木葬の関係について解説しますので、これからお墓を作るかたはぜひ参考にしてください。

 

大都市では深刻なお墓不足という現状

東京都心や近県の都市に住む方の間で、現在お墓不足が叫ばれています。
これは東京に人口が増えたということではなく(近県地域の大都市でも)、亡くなる方が多くなっているということも起因します。
高齢化社会になり、何倍も亡くなる方が増えているということです。
しかもさらに都心部以外の地方となると、逆に亡くなる方がいてもお墓を継ぐ方がいないためにお墓を撤去せざるを得ないという皮肉な結果になっています。
つまり亡くなる方が多いのに対して、生きている方がお墓の面倒をみることがもはや難しくなっているということです。
そして仮にお墓を継ぐ方がご自分の出身の地方に高齢のために戻れなくなり、自分たちが住む都心にお墓を移動させよう(いわゆる改葬)としても、今度はお墓不足でうまくいかないという話が多く聞かれます。
東京で考えると特にお墓不足が近年加速していると言われています。
土地が狭いということもあり、高齢化で年間死亡者数が120万人に達しています。
また考えたくないことですが、火葬場一つとっても思うように荼毘に付すことが難しいと言われています。
火葬場さえ、待つような状態になっています。

お墓不足の本当の理由とは?

お墓不足は高齢者の死亡増加という要因があることは否めません。
しかし実際はそれだけが原因ではありません。
業界として新規参入しにくいのが墓地の新設です。
墓地新設は許可制でもあり、特定業界だけ(公共団体や宗教法人など)が運営許可を得られます。
また墓地を作る土地にも問題があります。
墓地は近隣の許諾を得る必要があり、何かと反対が多いのです。
墓地を作る土地にも条件があります。
例えば人家などから200m以上離れていないといけないなど、様々な条件があります。
そして墓地だから地域住民から反対を受けることもあります。
簡単に墓地や霊園を作ることは難しいということです。
また一般のお墓を新規に作るにしても、かなりの費用がかかります。
相場は150万円からで東京都内なら400万近くかかるところもあります。
このような理由からお墓不足の本当の原因が見えてきますね。

樹木葬はお墓不足の解消につながる!

樹木葬は墓石を使わずに樹木をお墓の代わりにします。
樹木葬が人気の理由は合祀という方法で埋葬することが可能だからです。
これは他の方のご遺骨とともに一緒に埋葬する方法です。
個別に墓標を作る必要がないので、墓地としてのスペースを有効活用できます。
墓石の空間が必要ないので省スペースで済みます。
都心の狭い土地で最近樹木葬が増えたのはこのような理由です。
もちろん中には個別墓(個人墓)というスタイルで小さい墓石を並べる場合もあります。
しかしそれでも一般的なお墓と比べると相当省スペースになります。
また樹木葬は合祀なら10万円からという省コストで埋葬することが可能です。
個人墓でも80万円(上限)程度で購入が可能です。
場所によっては管理費もないところがあります。
省エネ・省スペースというエコ意識、それに加えて自然に還りたいという現代人のニーズに合った埋葬方法、それが樹木葬です。
これから樹木葬をお考えなら、まずご自分が埋葬されるならどんな環境が良いか考えてみましょう。
実際に生前見学で生前予約することも可能です。
近い将来終活を考えている方は一度ご検討ください。