神奈川県内にある自然の美しい人気樹木葬スポットをご紹介!

樹木葬のメリットとデメリットについて

樹木葬のメリットデメリット

 

最近は家族葬という葬儀の方法が増えてきました。
斎場にも家族葬専門と表示されたものがあります。
実は結婚式同様に葬儀の方法も色々な種類が増えてきました。

ここでは最近注目されている樹木葬という埋葬方法のメリット・デメリットについてご紹介します。

葬儀や埋葬方法の変化

葬儀や埋葬方法に対する考え方が変わってきています
お葬式をあげるのは故人を弔うには必要な儀式です。
ところがこの葬儀にも最近は違う考え方が登場しています。
冒頭でもお伝えしたように家族葬というスタイルが増えてきました。
これは必要最小限の単位である家族だけ(または身内)だけで故人を弔う方法です。

これが登場した理由の一つはわかりやすいリーズナブルな価格帯です。
こんなところにも価格の問題が登場していますが、従来の葬儀には明朗会計とは言いにくい部分があり、きちんとお葬式を執り行うと軽く200万円以上はしてしまいます。

もちろん故人の友人関係や生前の生活スタイルに従って一般的な葬儀を行う必要がある場合は別として、残された家族にまだお金が必要な場合はこのような大きなお金をかけてお葬式を行う必要はないと考えるようになってきました。

それに加えて埋葬方法についても違う考え方が出てきました。
その一つが樹木葬です。
通常のお墓を作るとなると、永代使用料に加えて墓石代や工事費、年間管理料がかかります。
そのトータル費用は安く見積もっても160万円以上!と言われています。

この価格にも問題があります。
従来は先祖代々のお墓を持つ家族なら、亡くなったらそこに入るというスタイルが一般的でした。
ところが核家族化が進み、故郷も遠くなった場合、そこのお墓を継がない人も出てきました。
それだけでなく墓を継ぐ継承者がいないという場合もあります。

故郷のお墓に入らない方なら、新たにお墓を作る必要があります。
ただしその後そのお墓を継ぐ人がいない、いても管理しないかもしれないといった場合、樹木葬という新しい埋葬方法が注目されるようになりました。

 

後継者や経済的な面を考慮する必要がでてきた!

一般的お墓ではないにしろ、納骨堂だけ利用するという埋葬方法もあります。
最近では一式50万円というタイプも登場しています。
ただし首都圏にあるものは人気があり、非常に予約しにくい状況になっています。

またこの納骨堂でも一般のお墓と同じで後継者という問題も発生します。
お墓や納骨堂はこの継承者という問題が非常に大きいと言われています。
実際、この先の日本は高齢者の数は多いのに若者の数が少ないという現象が起きると予想されます。

そうなればお墓の継承者も当然少なくなるはずです。
せっかっくお墓を生前に購入しておいてもそのあとの継承者がいないのでは意味がありません。
また継承者は霊園や墓地によっては親等制限をかけている場合もあるので、遠縁になると継承できない場合もあります。

そのような継承者がいない方が増えてきて、そのニーズに対応した埋葬方法が樹木葬です。
もちろん永代供養墓(永代供養権を習得できるタイプ)や納骨堂(お墓がなくて遺骨を預かるタイプなど)は心配せずに、経済的にも一般墓地よりリーズナブルです。

それに加えて経済的に無理をしない樹木葬も人気が出てきました。
葬儀だけでもすでにお金がかかりますが、残された方は葬儀だけでなく墓地も作ることになればさらにお金がかかります。
遺族のことを考えると無理して高いお墓を作る必要がないという考えです。

もちろん故人を弔いたいという気持ちがある以上、きちんと葬儀は行いたいと考えるでしょう。
しかし今後ますます継承者がいなくなることを考えると樹木葬が注目されているのは当然なのかもしれません。

人口の問題だけでなく、葬儀自体の方法や埋葬方法についても時代のニーズによって変わってきているということでしょう。
最後に樹木葬の唯一のデメリットは「墓地の墓石ではない」ということに尽きます。

例えば神奈川や埼玉などの大きな霊園のある樹木葬ができる場所に一度見学してみてください。
そのスタイルが受け入れられるかどうかにかかっています。
もちろんご家族も同様です。
墓石ではないスタイルに納得がいくか、里山タイプの自然に近い樹木葬を選んだ場合は、最終的には埋葬された場所である樹木がわかりにくくなるというケースも想定してください(自然に還るので)。

樹木葬が受け入れられるかどうかによっても樹木葬に対するイメージが変わるはずです。
これからご検討になる方はぜひ、その部分をよく考えて選択するとよいでしょう。