神奈川県内にある自然の美しい人気樹木葬スポットをご紹介!

樹木葬とはどんな葬儀でしょうか?

今注目されている樹木葬ってなに?

 

 

樹木葬という葬儀の方法をご存じでしょうか?近年、葬儀の方法は色々な形で執り行われるようになりましたが、その中の一つが樹木葬です。
樹木葬はその名の通り、樹木を墓石の代わりに用いる自然葬のことです。

ここでは樹木葬についてわかりやすくご説明しましょう。

 

 

ご遺骨はどうするのでしょうか?

樹木を墓石の代わりにしますが、実際には行政の許可が取られた霊園や墓地などで行います。
自然葬というと、ご遺骨を海・山に撒く散骨葬と混同しがちですが樹木葬は違います。
樹木葬の場合は霊園や墓地の樹木にご遺骨を埋葬します。
ただし近年、散骨できる樹木葬という形式も登場しています。

お墓は先祖代々のお墓を持ち、そこに埋葬することが多かったのですが、それは家を単位として継承する者がいるという前提でした。
しかし核家族が進み、必ずしも継承者がいるとは限らない場合も多くなりました。
独身者も多くなり、そもそも長男でなく分家(分家という概念はもはや古いのでしょうが)であった場合はお墓を新たに作る必要がありました。
ところが現代では両親の故郷にあるお墓にお参りする方も減り、必ずしもその場所にあったお墓を継承する人ばかりとは言えなくなりました。
樹木葬なら基本的には継承者がなくても永代供養(墓参りできない人に代わりお寺が責任を持って永代に渡り供養と管理を行うこと)を行います。

料金的にも安く、宗教を選ぶ必要がない

お墓の問題で一番多く言われているのがかかる費用の問題です。
地域的な差もありますが、墓地と墓石をセットで考えると、200万~300万円程度はかかると言われています。
そこで最近では墓地を持たずに納骨だけで済ます方もいます。
でもそれだけでは弔いの気持ちが収まらない、墓石に代わる方法として自然な形が良いと考えている方のために樹木葬という方法に注目が集まりました。
樹木葬ならば30万~80万円程度でご希望が叶います。
また墓地・霊園により年間管理料がかかりますが、必要ないところもあります。

通常の墓地・墓石を利用するより予算的にも安く、さらに特定の宗教の方を選ぶということがありません。
どんな宗教の方でも選択でき、しかも自然の中でゆっくり眠りたいという希望がある方に注目されています。
また樹木葬には墓地と霊園の2種類がありますが、墓地は里山形式になっているところが多く、山深い自然に囲まれてゆっくり眠ることができます。
自然と一体化しているので、墓石代わりとなる樹木がわかりにくくなるということもありますが、自然保護の観点にも帰依できるというメリットがあります。
一方霊園型は上記の里山タイプよりも区画整理された公園形式になっており、施設内に特別な区画に分かれているものと1つの樹木の下に合同で祀られるものの2つがあります。
最近ではガーデニングタイプのものもあります。

新しい埋葬の形として注目されています

樹木葬はまだあまり知られていない自然葬の一つですが、現代のお葬式や埋葬についての考え方が変化しているために、現代に合った埋葬法として注目されています。
特に継承者が必要でないことや永代供養がついていることなどが注目されている理由の一つです。
核家族だからと言って決してお墓をないがしろにしている訳ではありません。
むしろ現代の葬儀意識は進んできたと考えるべきでしょう。
後でお参りする方がいない場合や継承者が必要となる埋葬のスタイルは後々の子孫に負担になることも多いでしょう。
その一方で緑や花に囲まれて眠ることができる樹木葬は、現代人のニーズに合った方法の一つです。
人間も自然界の生き物であり、亡くなった後は宗教にとらわれずに自然に還るという考え方に賛同する人が増えています。
最近ではこのような形式の埋葬ができる墓地や霊園が神奈川県にも多くなってきました。
もしお近くならぜひ一度見学されることをおすすめします。
今までの墓地や霊園の考え方が変わるはずです。