神奈川県内にある自然の美しい人気樹木葬スポットをご紹介!

公営・民営・寺院による樹木葬費用の比較

樹木葬費用の比較

最近注目されている樹木葬という埋葬方法があります。
樹木葬が人気になった大きな理由はその費用によるところが大きいと言われています。
実際、普通の墓地や墓石を考えると、平均でも160万円程度かかり、戒名代や供養代などを入れると軽く200万円は超えてきます。
それだけでなく都心や神奈川県では深刻なお墓不足です。
亡くなる方の数にお墓が合っていないのです。
そこで注目されたのが樹木葬という方法ですが、これも公営・民営・寺院によっても費用が違います。
そこでここではどのように違うのかを比較してみます。
これからご検討の方はぜひ参考にしてください。

樹木葬の費用とはどの程度か

樹木葬は大きく分けると3つの運営スタイルが存在します。
公営として県や東京との公共団体が運営するもの、民間企業が運営する墓地や霊園、寺院が運営する墓地などです。
最近増えてきた霊園も民間だとしてもお寺や宗教団体が必ず運営しています。
その理由は特定団体しか許可がおりないからです。
また墓地や霊園は場所によっても維持費や管理費が異なります。
それはその場所の開発費用や管理費用がそれぞれ違うからです。
ただし一番安いのは当然公営の霊園や墓地です。
合祀(一緒に供養してもらう)場合なら10万円からで済みます。
しかしいくら費用が安くても、誰もが利用できるとは限りません。
この辺は公営墓地で墓石を建てる場合と一緒です。
つまりかなりの倍率があるということです。
また永代供養料や永代使用料もどこを選ぶかによっても異なります。
一般的には13回忌や33回忌まではお寺がご供養するようになっています(永代供養の場合)が、その後は合祀墓に合葬されて供養してもらえるかどうかはその霊園や墓地によっても変わります。
このような永代供養料や永代使用料は墓石の墓地なら軽く100万円以上はかかります。
ところが樹木葬なら10万円から80万円前後と非常に安いので注目されています。

それぞれの樹木葬の費用とは

それでは運営団体によってどの程度費用が異なるのかを確認してみましょう。

◆公営の場合
都会に住んでいながら、自然に囲まれた環境で埋葬されることが可能なので樹木葬は人気がります。
東京の小平霊園、神奈川県の横浜市営墓地でも樹木葬が執り行われるようになりました。
地方自治体が運営する公営の樹木葬は、非常に競争倍率が高いのでなかなか当たりません。
ただし運営や管理が安定しており、いざとい時破たんすることが無いので安心です。
また民間と比べると費用も安いという部分で最近は人気が高まっています。
また申し込みも生前予約が可能でない場合もあり(ご遺骨がある場合などの制限がある)、注意が必要です。
合祀なら10万円で済むところもあるので非常に人気があります。

◆民営の場合
樹木葬の墓地や霊園は現状民営が一番多いようです。
それはお墓の形状などに自由度が高いということが理由にあります。
そのため運営方法をよく確認しておく必要があります。
民営は歴史的にも公営や寺院と比較すると運営期間が短いので、ノウハウや経験値が浅い場合があります。
将来にわたって安心して任せられるのかといった点も懸念材料としてあります。
費用は1名30万円から、2名なら40万円から、個人墓として占有区画を購入するなら70万円前後でしょう。
おおきな目安は30万円から90万円程度と考えておけばまず間違いはないでしょう(※1)。

(※1)目安なので都心の一等地に立つ民間霊園などは一般の墓地と変わらない金額のところもあります。
ご注意ください。

◆寺院の場合
樹木葬が最初に始められたのは実は寺院です。
岩手県の祥雲寺が日本で初めて行ったお寺として知られています。
ここは現在知勝院が運営しており、初期費用として50万、管理費8千円、埋葬料として50万としています。
合計では100万ほどかかる計算になります。
ただしこれはあくまで祥雲寺のケースです。
他の寺院にはいろいろなケースの費用があるので、一度見学に行くことをおすすめします。
公営程安くはないけれど、民間霊園の不安定な部分を排除するなら寺院もよいかもしれません。
また供養の専門家なので、そこが良いという方には向いています。