神奈川県内にある自然の美しい人気樹木葬スポットをご紹介!

樹木葬が可能な場所と墓標となる樹木

樹木葬ができる場所と樹木の種類

 

 

樹木葬は自然葬の一つとして今、注目されている葬儀の方法です。
後世にお墓を継ぐ方の心配をする必要がなく、継承者不要の永代供養として利用することもできます。
最近では神奈川にも樹木葬が可能な墓地や霊園が増えてきました。
ここでは樹木葬が可能な場所と使用される樹木についてご紹介します。

 

樹木葬は社会貢献にもなります

墓地や霊園の樹木葬は、植樹する方法で墓標を作ります。
また墓地として里山を使う場合もあり、植樹することで緑を戻して維持していくというプロジェクトの一環として運用されているケースもあります。
また墓地を新たに作る必要があっても予算的に難しい場合は霊園で樹木葬を執り行っていることもあります。
そのような場合は墓地や霊園の樹木葬を利用し、同時に社会貢献にもつながるということで今後ニーズがますます増える可能性があります。
樹木葬は日本全国で行われており、中には寺院の境内やその周囲の里山で行われるケースがあります。
特に里山の深い場所で行われる場合は、環境を維持するという目的もあり、過去の伐採で樹木が無くなった山に樹木葬を行い植樹して増やしていきます。
このように周囲の自然と調和させて共存していく形が行われています。
また国立公園の中にお寺があるケースもあり、公園内の自然豊かな樹木葬として親しまれていることもあります。
ただし里山で行われる樹木葬の場合は自然に近いこともあり、お参りしにくい場所にあることや樹木の手入れがしにくい、場合によっては墓荒らしの心配をしなければならないこともあります。
その一方で霊園の中で行われる樹木葬は人気があります。
霊園の区画の中に公園のように造園し、個別に区画を区切って樹木葬を行うものです。
これならば個人用だけでなく複数(ご夫婦や血縁者など)、家族用、大家族用、ペットと一緒など様々なタイプの樹木葬が可能です。
このような霊園の中に作られる公園タイプの樹木葬は人工的庭園タイプとある程度自然環境が整った景色の中で作られているものに分かれます。
いずれにしても人によって手入れされているところに魅力があるようです。

墓標となる樹木の種類と葬祭方法

樹木葬で使われる樹木は低木が多く、ヤマツツジ、サルスベリ、ウメモドキ、ハナミズキといった花が咲く樹木が一般的です。
また紅葉やブナ、カラマツなどの広葉樹、クスノキといった常緑樹もあります。
その霊園や墓地によっても使われる樹木の選択があるでしょうが、日本ではサクラも人気があり、一番多く使われています。
このようにサクラを使った樹木葬をサクラ葬と呼ぶこともあります。
日本人にとってなじみのあるサクラは人気の樹木の一つです。
霊園や墓地で行われる樹木葬は和風のイメージが多いのですが、最近では霊園も近代的なデザインのものが増えてきました。
中には英国の庭園のようなスタイルもあります。
このような場所では日本の墓地にはないガーデニングによりデザインされ、バラが植樹されることもあります。
もちろん和風と洋風の樹木を区画で分けているようですが、和風ならサクラを代表とするサトザクラ・フジザクラなどが植樹され、洋風ならバラやエリカを配置するようなケースも増えています。全体のバランスを損なわない程度の和洋折衷のテイストで整えられている霊園や墓地があります。

もし樹木葬にご興味があるなら、お近くの霊園や墓地を一度見学されてはいかがでしょうか。それは樹木葬を行っている霊園や墓地によっては、使用できる樹木が限られていることもあり、その一方で墓標として樹木を植えるだけでなくお好きな植物を植えることも可能な場合があります。

実際に目で見たり、パンフレット、インターネットなどで確認されるとよいでしょう。