神奈川県内にある自然の美しい人気樹木葬スポットをご紹介!

永代供養墓と一般墓の違いとは

永代供養墓と一般墓の違いとは

ご先祖代々のお墓を継承されている方はあまり心配がないかもしれませんが、後継者がいない、新たに自分の代でお墓を作る必要のある方は「永代供養墓」を持つ必要があります。
最近ではお墓の後継者がいても遠方すぎて管理ができないというケースも増えています。
たとえ子供がいても迷惑がかかるという理由でお墓を改葬(移転)することもあります。
そこで最近では永代供養墓というお墓が増えています。
これならお墓を管理する方がいない場合でも、お寺や霊園で管理してくれます。
ここでは永代供養墓について解説します。

 

永代供養墓と一般のお墓の違いについて

いわゆる一般的なお墓は必ず継承者が必要になります。
実は家長制(父を中心にした家族制度)が一般的だった昔は、1つの墓に家族(兄弟は別)が埋葬され、継承者がそのお墓を引き継いだものでした。
ところが近年は個人重視の家族制度となり、必ずしも継承者がいるとは限らなくなりました。
また子供のいない世帯も多いことから従来の埋葬方法が難しくなりました。
そこで考えられたのが永代供養という考え方です。
これはお墓を管理する方がいない場合でも霊園や寺院が供養をし続けてくれます。
また檀家(そのお寺に属してお布施などをして寺の財政を支える家のこと)になる必要がなく、最初に費用一式を払うことで管理費やお布施を後で支払う必要はありません。
特に永代供養墓の一番の特徴は、最初にお伝えしたように管理やご供養、継承者を必要としないことです。
そして永代供養墓ならお墓一つを共同で使用するという形なので、費用が安いという理由がわかりますね。

永代供養といっても色々な形式があります

永代供養にも霊園や墓地によっても色々な形があります。
例えば普通の一般的なお墓のように個別の墓石(個人墓として一人一つ)があるものや、納骨堂のような形で共同埋葬されるもの、ある一定の墓碑や半地下になったところにご遺骨を納めるもの、樹木葬のように墓標の代わりに樹木を用いるものなどがあります。
最近人気があるのが、自動搬送式室内墓地と呼ばれる納骨堂や樹木葬です。
前者は手ぶらでもお参りができる形として数年前から人気が出てきました。
また後者の樹木葬も自然と一体となって美しいガーデニングが施された霊園で埋葬されるタイプ(山里深く埋葬されるタイプもある)などに人気が集中しています。
これらに共通しているのは、継承者不要で都市ならアクセスの良い場所、少し遠くても素晴らしい自然環境(四季折々の草花があり、人の手によって管理された場所)が構築されていることです。
永代供養は一般のお墓とは違うものの、普通のお墓のように個別に安置する方法もあります。
これは一定期間に霊園や墓地側が決めている期間だけ普通のお墓に骨壺を納骨し、期間が過ぎると合祀(あわせてまつること)します。
これはそのお寺や霊園によっても取り決めが違います。
また最初から遺骨の一部を一か所にまとめて合祀するという方法もあります。
これを行うと納骨時はコストを抑えることができますが、後で再度収骨して他に改葬する場合は不可能になります(他の方とご遺骨が一緒になってしまうので)。
この方法は継承者や今後お墓の面倒を見る方がいない方に向いていますが、中にはご先祖を他人のご遺骨と一緒にすることに抵抗がある、自分の場合は嫌だという方には向いていません。
その場合は合祀を選ばず、個人墓と同じように個別埋葬してもらえる方法を選択します。
個別の場合は(家族墓も含めて)30~50万円程度(最高でも80万円前後です)が平均的な費用で、合祀なら10万円からが一般的な費用です。

増える樹木葬や永代供養墓

墓地や霊園のパンフレットがたまにポスティングされています。
何の気なしに見ていると樹木葬という埋葬方法が目に入ります。
そのくらい樹木葬もニーズが増えてきたということです。
従来の後継ぎ任せのお墓の管理方法ではもはや対応できない現代においては、このような永代供養が付いたお墓がどんどん増えていく可能性があります。
これならお墓参りができなくても、時期がくるとお寺や霊園で法要を行ってくれます。
永代供養という考え方や樹木葬という考え方は時代のニーズから生まれた新しい埋葬方法です。
ご興味のある方はぜひ一度、見学に行くとよいでしょう。
最近では生前予約や生前に全部お墓の支払いを済ませる方も増えています。